コドモのミカタ

金曜日, 5月 12, 2006

ブログに初チャレンジ!

「Web進化論」を読んだ。
現代は、インターネットの発達により自分の意見を述べるためにかかるコストが非常に安価になったそうだ。ネットワーク回線と数百ドルのコンピュータさえあれば、気軽に世界にむけて誰もが情報を発信できる。
それは情報の自由化をもたらしたが、同時に情報の責任の所在はあいまいになり、まさに玉石混交となっている。
そんな流れの中、ブログという個人が発信しやすいウェブツールが世にでて久しいが、気にはなっていたが手を出さずに、出せずにいた。「どーせ僕が色々書いたところで、誰も気に留めやしないんじゃない」てな具合に。
ところが前著を読んで気が変わった。多くの人の注目は得られなくとも、普段出会うこともない誰かがそれを読み、心を動かされるとすればすばらしいことだ、と。

たぶんたいしたことは書けない(笑)。でも数万人のインターネットユーザがいれば、ちょっとは共感してくれて、ほんの数ミリ心が動かされてくれるといいなと思う。